FX経験者達がFX初心者におすすめ&知っておいてほしいポイントを書いています。

FX経験者達がFX初心者におすすめ&知っておいてほしいポイント|入門編

FXのメンタル

損切りの判断を適切に行うことでFXが上達

投稿日:2017年10月27日 更新日:

FXでお金を増やそうと思ったら、まずは利益よりも損失をいかに減らすという点に目を向けるかが大事だとこれまでの経験から気づきました。

初心者だったころを振り返ってみると資金管理がまるでなっていなくて常に次こそは勝って挽回しようと考えてばかりいたのです。

でも、経験を積んで少しずつ口座残高が増えていくにつれて、成績をプラスにもっていくためには出て行くお金を減らすことこそが取引の腕と悟りました。

だから今からFXを始める初心者の方は私と同じ失敗をしないように損失の回避も考えながら取引することをおすすめします。

どのようにして損失を少なく抑えて資産を作っていくのかは、FXを始めたら誰もが通る道ともいえる損切りが鍵を握っています。

性質上すべての取引で勝つことはどんな優れた人でも不可能なので、保有しているポジションが不利になったら早めに見切らないといけません。

私が初心者だったころは含み損になっていてもそのうちプラ転するという根拠のない希望を持ってホールドし、結果大きく資産を減らしてしまうことがたびたびありました。

もし昔の自分にひとつだけ助言をするとしたら、損は小さいうちに切らないといけないと言いたいです。

しかし損切りをしたらいいという一言の重みがわかっても、いざFXをしてみるとなかなか実行できないものです。

これは多くの人が悩まされますし、一人前のFXトレーダーとなるための最初の関門なのではないでしょうか。

そこで初心者から一歩前進して稼げる道を開くために、テクニカル分析を覚えないといけないのです。その場の感情のみであれこれと手を変えるよりも、手法を一貫してFXをする方が欠点を見つけやすく上達が早くなります。

つまりテクニカル分析はルール作りに大きく役立ち、損切りを行うポイントを探すのにうってつけというわけです。

どのテクニカル分析を使うのがベストかといった正解はFXにないと思います。得意なスタンスによって使用するものが十人十色なのがその理由といえるでしょう。

私はドル円の買いで取引するのが好きなので、トレンドの判断に長けている移動平均線をチャートに表示しています。

ローソク足だけで他に何も表示しなかったころとは違い損切りのポイントを見つけるのはもちろん、含み益を伸ばすときにも移動平均線の形で判断できるようになりました。

利益と損失のバランスがほどよくとれるようになり、今では危なげなく順調にFXをしています。

-FXのメンタル

Copyright© FX経験者達がFX初心者におすすめ&知っておいてほしいポイント|入門編 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.